BCN ITジュニア賞2013の開催日決定!

 BCN ITジュニア賞2013表彰式の開催日が決定しました。㈱BCNが主催し、ジュニ協が運営するBCN ITジュニア賞も来年で8回目を数えます。のべ90名以上の受賞者を輩出してきたBCN ITジュニア賞は、ITエンジニアの卵たちを国内シェアNo.1ベンダーの前で表彰し、IT業界と教育界をつなぐ場として高い評価を頂いています。

BCN ITジュニア賞2013


日時:2013年1月18日(金)午後より

 

会場:大手町サンケイプラザ 4F大ホール

 

※なお、時間などの詳細は追って本サイト上でお知らせして参ります。




 

 ◆ 表彰対象

 以下の4つのITコンテストを対象に当協会が主催社であるBCNに推薦しています。

 

U-20プログラミング・コンテスト

主催:情報化月間推進会議 経済産業省

最終審査会は平成24年9月30日(日)に終了しました。
※経済産業大臣賞が決定しました。受賞者詳細はこちら

個人部門、団体部門の2部門からなる伝統あるコンテスト。U-20プロコンという愛称の如く、20歳以下なら応募可能で、中学生からの応募もある。また、学校の枠もないため、間口が広く、工業高校や高専などで情報技術を専攻している学生だけでなく、商業高校や普通高校、専門学校などからの応募も多い。

 

全国高等専門学校 プログラミングコンテスト

主催:一般社団法人 全国高等専門学校連合会

本選は平成24年10月13日(土)~14日(日)開催。
高専プロコンは課題・自由・競技の3つの部門がある。課題部門、自由部門は事前に書類審査があり、本選に出場できるのは各部門ともに書類審査を通過した20作品ずつである。一方、競技部門は書類審査を通過すれば、全高専からそれぞれ1チームが出場可能。課題・自由部門では作品のプレゼンテーション、デモンストレーション、マニュアル審査があり、審査員による厳正な採点・審査があるのが大きな特徴。

 

全国高校生プログラミングコンテスト

主催:全国情報技術教育研究会

決勝大会は平成24年11月11日(日)開催。
高校プロコンの名で親しまれる国内で最も歴史あるIT系プログラミングコンテストの一つで、全国の工業高等学校に所属する情報技術系の学科の生徒たちが主に参加している。ここ数年はネットワーク対戦型のゲーム「CHaser」が競技課題となっている。予選(総当たり戦)を勝ち抜いた8校8チームのみが全国大会に進出することができる。

高校生ものづくりコンテスト全国大会
主催:公益社団法人全国工業高等学校校長協会

全国大会は平成24年11月17日(土)~18日(日)開催。

ものづくり甲子園の愛称でも知られ、「ものづくり」に関する総合的な技術力を競うコンテスト。7つの部門があり、BCN ITジュニア賞では電子回路組立部門を対象としている。電子回路の設計、プログラミングから実際の組み立てと検証に至るまで、実技の部分も評価される。全国大会に出場するには、県大会、地区大会を勝ち抜かなければならない。

   

  ◆ 過去の受賞者一覧 


 

◆ BCN ITジュニア賞について

 

BCN ITジュニア賞特設ページ・・・BCN/主催社のページ

BCN ITジュニア賞とは   ・・・当協会の説明ページ