11月の人気記事ランキングを発表!

ジュニ協は10月に「ITジュニアの広場」をリニューアルしました。おかげさまで多くの教員の皆様より支持頂いております。さて、今回は11月に掲載した記事のうち、アクセス数が多かった順にランキング化しました。やはりコンテストの速報系は人気があります。改めてお読みください!(ジュニ協:事務局)

  1位

速報!室蘭工業が初出場で初優勝!超白熱の第33回高校プロコン

北海道勢が躍進する中で、決勝大会初出場ながら、初優勝した室蘭工業のインパクトは相当強かったようで、キーワード検索でも室蘭工業や高校プロコンの単語が上位にランクイン。記事も中旬にアップながらも圧倒的な閲覧数で堂々の1位でした!たった1人で挑戦したという石橋俊文さん(情報技術科2年)のインタビュー記事にもご期待ください!

  2位

大成功!レベルアップした第2回U-16旭川プロコン!

16歳以下を対象にしたプロコン。旭川工業の下村幸広先生が高校プロコンの決勝大会に出場した経験を活かし、このモデルを旭川で実施した地域発掘型のプロコン。早くも2回目を迎え、今回も大成功を収めた。このレポートが堂々の2位に。

 


  3位

高校プロコン決勝大会出場 8校8チーム決定!

工業高校で情報技術を学ぶ高校生たちが知力を絞り競技課題の「CHaser2012」に挑む。今年は51チームからの応募があったが、毎年決勝大会には8校8チームしか出場できない。今年はどこが出場するのか?という速報記事が3位にランクイン。

 


  4位

高校プロコン三連覇!宮城県工業・情報研究部の強さの秘密とは(その1) 

高校プロコンの競技課題「CHaser」で2009年、2010年、2011年と三連覇を果たした宮城県工業高等学校の実態に迫る記事が4位にランクイン。その活動母体となっている情報研究部の詳細な活動に迫りました。近日中に第二弾として、指導教員の取り組みについてもレポートする予定です!

 

 


  5位

埼玉県プロコン、有望な中学生も表彰

埼玉県プロコンは、埼玉県内の工業高校生、プログラミングに興味のある中学生を対象にして毎年開催されているプロコン。高校プロコン決勝大会の前日に開催されており、ここに参加すると、埼玉県および情報技術科の先生方がいかに情報技術教育に力を注ぎ、また早くから人材を育成しようとしているかがよくわかります。このモデルが旭川だけでなく全国に広がれば素晴らしいと思います!

 


◆ 次点とその他の記事

次点として松本工業が二年ぶりに優勝!ものコン・電子回路組立部門が6位にランクインしています。また、別な機会にITジュニアの活動便りの記事アクセスランキングも公開する予定です。その他、月末にアップした保存版!超白熱の第33回高校プロコン・レポート各校コメント編の①も現在すごい勢いで上位にきています。
こうした記事ランキングは今後も定期的に発表していきます!お楽しみに。