宮城県工業高校 情報研究部

「ITジュニアの活動便り」では、情報技術を学ぶ高校生たちの部活動を紹介しています。今回は、宮城県工業高校の「情報研究部」です。

宮城県工業高等学校は、仙台の中心部にある歴史ある工業高校で、今回紹介する「情報研究部」は、全国高校生プログラミングコンテスト(高校プロコン)で3連覇を果たした超強豪校として知られています。また、高校プロコンの他、U-20プログラミング・コンテスト、WRO、情報オリンピックなど多彩なコンテストに挑戦しており、大変活発で、かつ、優秀な成績を修めています。その活動の実態を情報研究部部長の山下龍次さん(情報技術科3年)にレポートして頂きました。

写真:情報研究部の集合写真。頭上の賞状の数々が歴代の戦歴を物語っています。写真は顧問の平子英樹先生(情報技術科)よりご提供いただきました。1~3年生全体(2012年度)で23名もの大所帯。なお、うち女子は1名在籍しています。今回レポートをいただいた山下龍次部長たち3年生はすでに引退していますが、部室にはOBもよく顔を出して後輩たちにアドバイスをされるそうです。

Q)部長から情報研究部の特徴を紹介して下さい

情報研究部の部長、山下龍次(やました りゅうじ)です。部の特徴は
・文武両道を目指し、目標に向かって努力を惜しまない
・礼儀作法を徹底する
・全員で助け合える笑顔の絶えない部活

です。

 

Q)部活動の名前と、その由来を教えてください

以前は「計算部」という名称で、部員が1名のみの休部状態でしたが、2007年4月に活動を再開しました。その後、活動している内容に合うように部名を「情報研究部」と変更しています。

 

Q)部活動設立時期

2007年4月に活動を再開しましたが、2008年秋の生徒総会で部名変更を認められ「情報研究部」と変更しました。

 

Q)部員数と学年毎の構成

部員は23人在籍しています。学年ごとの構成は以下のとおりです。

3年生  4名

2年生  10名 (女子1名)

1年生  9名

 

情報研究部 山下龍次部長はハード班に所属しています
情報研究部 山下龍次部長はハード班に所属しています
2012年の文化祭の様子
2012年の文化祭の様子

高校プロコンへの取り組み。4連覇に向けて部員一丸となって取り組みました
高校プロコンへの取り組み。4連覇に向けて部員一丸となって取り組みました

 

Q)情報研究部の構成は?

ソフトウェア班とハードウェア班の2班構成になっています。

 

 

Q)主な活動場所は?

情報技術科の実習室である「情報応用実習室」をお借りして活動をしています。

 

Q)2012年参加コンテスト

U-20プログラミング・コンテスト
 団体部門・・・経済産業大臣賞 受賞
 個人部門・・・経済産業省商務情報政策局長賞 受賞

 

WRO2012 全国大会・・・審査員特別賞 受賞

 

会津大学主催パソコン甲子園2012
 プログラミング部門・・・・・・・全国大会出場
 デジタルコンテンツ部門・・・全国大会出場

 

第33回全国高校生プログラミングコンテスト(高校プロコン)・・・決勝大会出場

 

情報オリンピック 

第33回高校プロコン(2012年開催)に挑んだメンバーたち。
第33回高校プロコン(2012年開催)に挑んだメンバーたち。

 

Q)過去の自慢できるコンテスト成績は?

全国高校生プログラミングコンテスト三連覇
U-20プログラミング・コンテスト 経済産業大臣賞二年連続受賞
などです。

第33回U-20プロコンの団体部門で経済産業大臣賞を受賞した落とし物お知らせサービス「あったよ!」制作チームのメンバーたち。前年の2011年は情報研究部部長の高橋翔哉さんが個人部門で経済産業大臣賞を受賞している。
第33回U-20プロコンの団体部門で経済産業大臣賞を受賞した落とし物お知らせサービス「あったよ!」制作チームのメンバーたち。前年の2011年は情報研究部部長の高橋翔哉さんが個人部門で経済産業大臣賞を受賞している。

 

宮城県工業は、高校プロコンにおいて「Chacer」が初めて採用された2008年の決勝大会でいきなり準優勝という鮮烈なデビューを果たしました。そして、その翌年から2011年まで3年連続で優勝に輝きました。その活動母体が今回紹介した「情報研究部」ですが、歴代の部員たちは全員、大変礼儀正しく、挨拶も大きな声でハキハキしています。初めての取材の際、指導教員の平子英樹先生から「体育会系文化部」と紹介されましたが、その名称にピッタリであることは情報研究部を訪れると理解できます。2011年3月11日の東日本大震災で受けた傷跡が残る校舎で、運動部に負けないほど遅くまで黙々と努力する姿は清々しく、感動を覚えます。

土日などの活動時はみんなで揃って昼食をとります。また、時には夜遅くなった時にカップラーメンをすする場合もあるそうです!
土日などの活動時はみんなで揃って昼食をとります。また、時には夜遅くなった時にカップラーメンをすする場合もあるそうです!

2007年に活動を再開した計算部が、その翌年に名称変更し、同時期に出場した高校プロコンで準優勝、そして現在では様々なコンテストにエントリーし、さらにそのどれもが全国大会出場と、大変素晴らしい成績を修めています。宮城県工業の情報研究部は、これからも全国の工業高校の情報技術を学ぶ生徒や指導教員たちにとっても注目に値するクラブの筆頭と言えるでしょう。

ITジュニア育成交流協会 事務局)