速報!BCN ITジュニア賞2013 懇親会 

1月18日(金)、都内大手町サンケイプラザ4Fの大ホールにて「BCN AWARD 2013」の表彰式と、すぐれた技術をもつ若者を表彰する「BCN ITジュニア賞 2013」の表彰式が開催されました。BCN ITジュニア賞は株式会社BCNが2006年に創設した賞で、プログラミングなどのIT関連技術の優れた若者を表彰しています。受賞者は、各ITコンテストを支援・取材している我々ITジュニア育成交流協会の推薦にもとづいて選考され、今年はU-20プログラミング・コンテスト、全国高等専門学校 プログラミングコンテスト、全国高校生プログラミングコンテスト、高校生ものづくりコンテスト全国大会でそれぞれ優秀な成績を修めた5チームと4個人が受賞しました。BCN AWARD 2013に出席した国内No.1メーカーなどの来場者も感動した BCN ITジュニア賞 2013表彰式の速報をお伝えします。


まずは、BCN ITジュニア賞 2013を受賞した顔ぶれをご紹介しましょう!

2013年は、5チームと4個人が栄誉に輝きました。

  

受賞校(チーム・個人)

長野県松本工業高等学校 越野 達也 

北海道室蘭工業高等学校 石橋 俊文

国立弓削商船高等専門学校 「healTeeth ―歯みがきで磨く明るい未来―」制作チーム

国立香川高等専門学校 詫間キャンパス 「Top Balancer」制作チーム 

国立宇部工業高等専門学校 「常盤は賽を振らない」制作チーム

岡山県立岡山大安寺高等学校 怒田 晟也

栃木県立宇都宮東高等学校 鑓水 大和

千葉県立千葉商業高等学校 「HTML Creation Tool」制作チーム

宮城県工業高等学校 落とし物お知らせサービス「あったよ!」制作チーム  

 

以上の受賞者のうち、大学受験のため表彰式には出席できなかった栃木県立宇都宮東高等学校の鑓水大和さん以外の20名が大手町サンケイプラザに集合しました。以下に紹介する写真は、表彰式後の懇親会での喜びの集合写真です。なお、表彰式の写真はプロのカメラマンが撮影していますので、事務局に届き次第、改めてご紹介して参ります!

 

 国立弓削商船高等専門学校 

  「healTeeth ―歯みがきで磨く明るい未来―」制作チーム

出場コンテスト・成績

第23回全国高等専門学校プログラミングコンテスト

(高専プロコン、主催:一般社団法人 全国高等専門学校連合会)
課題部門・最優秀賞(文部科学大臣賞)

指導教員:長尾和彦(情報工学科 教授)
参加学生:岩本華代子、奥田紗千、山形真名美(情報工学科5年)

 

 国立香川高等専門学校 詫間キャンパス

  「Top Balancer」制作チーム

出場コンテスト・成績

第23回全国高等専門学校プログラミングコンテスト

(高専プロコン、主催:一般社団法人 全国高等専門学校連合会)
自由部門・最優秀賞(文部科学大臣賞)

指導教員:金澤啓三(情報工学科 准教授)

参加学生:大矢慎之介、向山虹祐、柾拓也、HENG SIVEHONG(情報工学科4年)、

     西川翼(情報工学科3年)


 国立宇部工業高等専門学校

  「常盤は賽を振らない」制作チーム

出場コンテスト・成績

第23回全国高等専門学校プログラミングコンテスト

(高専プロコン、主催:一般社団法人 全国高等専門学校連合会)
競技部門・優勝(文部科学大臣賞)

指導教員:田辺誠(制御情報工学科 准教授) 

参加学生:金子昂稔(制御情報工学科2年)、大濵勇平(制御情報工学科4年)、  

     石田竹至(制御情報工学科5年)

 

 北海道室蘭工業高等学校

  石橋俊文(情報技術科2年)

出場コンテスト・成績

第33回 全国高校生プログラミングコンテスト

(高校プロコン、主催:全国情報技術教育研究会)
競技課題「CHaser2012」・優勝 

指導教員:坂田俊哉(情報技術科 教諭)

参加学生:石橋俊文(情報技術科2年)

 

 長野県松本工業高等学校

  越野達也(電子工業科3年)

出場コンテスト・成績

第12回 高校生ものづくりコンテスト全国大会

(ものコン、主催:社団法人全国工業高等学校校長協会)
電子回路組立部門・優勝 (厚生労働大臣賞)

指導教員:赤羽治(電子工業科 教諭)

参加学生:越野達也(電子工業科3年)

 

 千葉県立千葉商業高等学校

  情報処理部 「HTML Creation Tool」制作チーム

出場コンテスト・成績

第33回 U-20プログラミング・コンテスト
(U-20プロコン、主催:情報化月間推進会議 経済産業省)

団体部門・経済産業大臣賞 

指導教員:鵜野澤博(情報システム科)

参加学生:足立恭介、小杉祥樹、上田祥仁(情報システム科3年)

 

 宮城県工業高等学校

  情報研究部 落とし物お知らせサービス「あったよ!」制作チーム

出場コンテスト・成績

第33回 U-20プログラミング・コンテスト
(U-20プロコン、主催:情報化月間推進会議 経済産業省)

団体部門・経済産業大臣賞 

指導教員:平子英樹(情報技術科)

参加学生:佐々木康汰(電気科2年)、加藤弘祐(情報技術科2年)、

                淵上拓也(情報技術科3年)

 

受賞者の皆さん、指導教員の皆様、心からお喜び申し上げます!これから先、IT業界でも活躍されるよう事務局一同、期待しております!
なお、U-20プロコン個人部門で受賞した岡山県立岡山大安寺高等学校の怒田晟也さんは撮影前に岡山に帰ったため写真がありませんが、授賞式の写真は追って掲載して参ります!

 

■ 初音ミクで有名な伊藤社長が受賞者へ直接激励!

下のカットは、「あの」初音ミクで有名なクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長が受賞者へ直接激励して下さった直後の写真です。伊藤社長は一番右。BCNの奥田社長(左から3番目)が伊藤社長を伴い、受賞者たちに「初音ミクの会社の伊藤社長だよ!」と実に気さくに語りかけると、「ワー!」と声にならない受賞者も。積極的な受賞者は、自作してきた名刺を録りだして伊藤社長に話しかけていました!伊藤社長は嬉しそうに、受賞者の皆さんと談笑し、激励していました!なかには具体的に、プログラマとしての心得などを短い言葉ながらも心をこめてアドバイスされていたのが印象的でした。受賞者の彼らにとっても大いに勇気づけられたのではないでしょうか。BCN AWARDおよびBCN ITジュニア賞はこうしたIT業界で活躍する方々との直接交流も魅力の1つなのです。また、左から2人目は2年前のBCN ITジュニア賞2011で受賞した三村聡志さん(U-20プロコン団体部門で経済産業大臣賞受賞)がOBとして駆け付けました!

 

■ 受賞者代表挨拶は弓削商船の岩本さん!

弓削商船のパワフルな女性たちとジュニ協の理事たちが記念写真!下記の写真のように終始ニコニコ、笑顔で、会場が華やいでいました。メーカーの方々も作品についての質問をしたりと、最初は食事をする暇もなかったようです。さて、右から3番目の岩本華代子さんは、受賞者を代表して表彰式の最後に挨拶をしていただきました。大変緊張されたと思いますが、国内トップ企業の皆さんの前で、なんと原稿なしで堂々と発表されました!大役を見事に果たし、最高の笑顔で懇親会を迎えました。お疲れ様でした!

 

以上、表彰式の模様はまだお伝えできませんが、受賞者と指導教員の表情からもBCN ITジュニア賞2013の盛り上がった様子は伝わったのではないでしょうか。有名メーカーから質問されたり、激励を受けたりと、受賞者たちにとっても素晴らしい経験になったのではないでしょうか。ジュニ協は今後も引き続きBCN ITジュニア賞の運営を担って参ります。これからも変わらぬご支援をお願い申し上げます。

 

平成25年1月21日

NPO法人ITジュニア育成交流協会 事務局一同