茨城県立常陸大宮高校 情報技術科 倉橋琢也先生の研究論文

茨城県立常陸大宮高等学校 情報技術科 倉橋琢也先生の研究論文 基礎・基本の重要性を理解し主体的に学習に取り組む情報技術科指導の在り方-地域企業との連携によるICタグを利用した学習支援システムの制作を通して-を掲載しました。この研究論文は、平成24年8月9日(木)~10日(金)に新潟県長岡市にて開催された全国情報技術教育研究会の第41回全国大会(新潟大会)で発表されたものです。なお、倉橋先生の論文は8月10日(金)、第2分科会にて発表されました。
【写真:茨城県立常陸大宮高等学校 情報技術科 倉橋琢也先生】 


教育研究論文は、下記の「ダウンロード」をクリックし、PDFをダウンロードしてご覧下さい。

茨城県立常陸大宮高等学校
情報技術科
倉橋琢也先生
基礎・基本の重要性を理解し主体的に学習に取り組む情報技術科指導の在り方.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 457.4 KB