ITジュニアのパワーが明日の日本のIT業界、製造業を支える

アイ・オー・データ機器 細野昭雄社長からのメッセージ

ITジュニア育成交流協会を通じて、情報技術を学ぶ若者と、その指導教員をサポートしている株式会社アイ・オー・データ機器の代表取締役社長 細野昭雄様からITジュニアの皆さんに向けて力強いメッセージを頂きました!同社はパソコン・コンピュータの周辺機器メーカーの大手として日本を代表する上場企業であり、当協会を通じて社会貢献活動にも積極的に取り組んでおります。また、国内販売台数第1位のベンダーを表彰するBCN AWARDでは、映像関連ボード部門では、じつに10年連続売上No.1という圧倒的な実績を誇るアイ・オー・データ機器。同社の細野社長はソフトウェアの開発力に注目しています。その理由を是非ともご一読ください!

(ITジュニア育成交流協会 事務局)

 

 

パソコン周辺機器に詳しいITジュニアの皆さんの中には、アイ・オー・データ機器という社名をご存知の方も多いと思います。中には、既に当社製品をお使い下さっている方もいらっしゃるでしょう。しかし皆さんに、「現在の当社を支えているのは、ソフトウェア開発力です」と申し上げると、意外に思われるかもしれません。

 

ハードウェアについては、20年ほど前から、多くの日本企業がグローバル企業に開発・生産を委託し始めております。当社においても、現在はおよそ50%を占めておりますが、このような独自性を打ち出しにくい委託生産という形態をとりながらも、当社製品がお客様に選ばれている秘訣は、ソフトウェアにあるのです。例えば、PCを多数所有する学校や企業では、複数台のPCモニタの節電設定、また一斉に画質設定を切り換えるといった管理面でのニーズがあります。当社LCDモニタには、こういったご要望に対応したユーティリティソフト(ディスプレイマネージャー2)を添付しており、ご好評をいただいております。また、10年連続映像関連ボード製品がBCN AWARDを受賞しておりますが、これも、映像の美しさにこだわったトリプル高画質機能や、携帯電話やi Podなどでも視聴可能とした技術の高さが市場に認められた証といえるでしょう。

このようなユーザビリティを追求したきめ細やかなソフトウェア、サービスの開発こそが、日本の技術力を発揮できる分野であり、またグローバル企業との差別化、更にはWIN-WINの関係を築く鍵でもあります。

 

是非、ITジュニアの皆さんには、ソフトウェア開発を通して技術の根本を学び、また、仲間と共にレベルアップする喜びを感じてもらいたいと思います。やがて皆さんが成長し、IT業界に新風を吹き込むこと、そしてそのパワーが明日の日本のIT業界、製造業を支える日が来ることを心待ちにしています。

 

株式会社アイ・オー・データ機器

代表取締役社長 細野 昭雄

 


 

新設! ITジュニアへのメッセージ

協賛企業からITジュニアに向けての熱いメッセージはこちらから!

 

株式会社アイ・オー・データ機器 公式ホームページはこちらから