U-20プロコンが応募資格をU-22に拡大!

  U-20からU-22プロコンとしてグレードアップ!

国内の最強プログラマーを輩出してきたU-20プログラミング・コンテストが、今年から「U-22プログラミング・コンテスト」として再スタートします。34年もの間、経済産業省が主催してきたU-20プロコンは、今年から「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」にバトンタッチして開催されることになりました。主催が変更となっても、回数を受け継ぎ、また、例年通り経済産業省より大臣賞と商務情報政策局長賞が贈られることになりました。また、このほかにも、審査委員会において優秀と認められた作品には、CSAJ会長賞、スポンサー企業賞、クラウド賞、モバイル賞なども予定されております。応募開始は7月初旬を予定しておりますが、詳細な情報は専用サイトをご覧ください!


 実行委員長・サイボウズ青野社長の熱い想い

なお、「U-22プログラミング・コンテスト実行委員会」の実行委員長はプラチナスポンサーのサイボウズの青野慶久社長。青野社長は早速ご自身のブログにて、U-22プロコンに寄せる熱い想いを綴っています。是非お読みください!

 

自称イクメン社長 サイボウズ青野のブログ

U-22 プログラミング・コンテストに思う 

 

 大臣賞受賞者は引き続きBCN ITジュニア賞にノミネート!

ジュニ協は協力団体として名を連ねております。また、U-20プロコンに引き続き、U-22プロコンの大臣賞受賞者をBCN ITジュニア賞2015にノミネートしていく予定です!ジュニ協ではこれからもU-22プロコンに関する最新情報をお知らせして参ります。お楽しみに!(ITジュニア育成交流協会 事務局)