日中の国境を越えた文化がまた一つ生まれた                                                 初音ミク上海公演「HATSUNE MIKU EXPO 2015 in Shanghai」


 バーチャル・アイドル「初音ミク」の中国初の単独公演「HATSUNE MIKU EXPO 2015 in Shanghai」が、6月27・28日の二日間、上海市内で開催された。イベントが佳境を迎えた28日のコンサートの模様をレポートするとともに、初音ミクの“生みの親”で、ITジュニア育成交流協会の協賛企業のクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表取締役と、主催者である上海世紀華創文化形象管理の孫剣総経理に話を聞いた。

中国本土で初の単独公演

 「初音ミク」は、札幌市に本拠を置くクリプトン・フューチャー・メディアが開発・販売するDTM(デスクトップ・ミュージック)ソフト用ボーカル音源の製品名で、その声の持ち主として設定された二次元キャラクターの名前でもある。その後、このソフトを使ってつくられた音楽作品がインターネットの動画共有サイト・ニコニコ動画で数多く流通したり、キャラクターそのものの人気の高まりに伴ってイラストの二次創作の輪が世界的に広がったりしたことによって、初音ミクは分野を横断した創作のプラットフォームともいうべき機能を担うようになった。単なる音楽ソフトや二次元キャラクターの枠を飛び出して、まさに日本のコンテンツ産業の新しい象徴として、国境を越えて支持を集めている。


 「HATSUNE MIKU EXPO」は、3Dホログラムの初音ミクが、ギター、ベース、ドラムス、キーボードから成る生バンドに合わせてステージ上で実際に歌ったり踊ったりする(ように見える)コンサートを核に、関連の展示企画などを行う総合イベントだ。グローバルにエコシステムが拡大している初音ミクの、コンテンツとしての総合的な魅力を世界中のファンに体感してもらうという趣旨で、クリプトン・フューチャー・メディアが昨年から開催している。ウェブ上のアンケートをもとに開催地域を決定し、すでにインドネシアのジャカルタ、米国ニューヨーク、ロサンゼルスで計3回の開催実績がある。今回の上海公演は、3か国・4回目のHATSUNE MIKU EXPOで、国本土では初の単独公演。前3回とは異なり、日本のアニメコンテンツを手がける版権管理会社として中国最大規模の上海世紀華創文化形象管理有限公司が主催するかたちになった。


熱心なファンで会場は大盛況

 会場となった上海風雲電競館のキャパシティは約1500人。26日、27日とも昼夜の2回公演で、計6000人を動員した。梅雨まっただ中の上海とあって、二日とも雨に見舞われたが、各回とも会場外の受付ゲートに傘を差した来場者が長蛇の列をつくり、公演への期待が大きいことを感じさせた。


開場を待ちわびる長蛇の列がここからさらに100mほど続く
開場を待ちわびる長蛇の列がここからさらに100mほど続く

 

 開場すると、来場者はまず企画展示で盛り上がった。初音ミクの等身大フィギュアの前で写真撮影をしたり、書籍、ゲーム、音楽CDなど、関連グッズの展示を熱心に見学したりする姿が見られた。グッズもかなりのペースで売れていて、二日目の昼公演が始まる頃にはなくなっているものが多く、公演終了後はすべてが売り切れたという。また、折り紙コーナーやタトゥーシールを貼ってもらえるコーナーも人気を博していた。

 

併設の企画展もコンサート来場者で賑わった
併設の企画展もコンサート来場者で賑わった

  

 コンサートは、オープニングの音楽がスタートすると同時に、観客が一斉にケミカルライトスティック(一般にサイリウムと呼ばれる光る棒)を振り始め、会場は初音ミク・カラーの水色に染まる。アリーナ席はすでに総立ちだ。ステージに初音ミクが登場すると、会場のボルテージはさらに高まり、最後まで観客のテンションは落ちなかった。初音ミクの3Dホログラム映像は想像以上にリアルで、髪や衣装の揺れまで再現。しぐさや関節の可動域、ジャンプの高さ、踊りはごく自然で違和感はない。まさに「バーチャルアイドル」だ。


 初音ミクのステージは、テンポよく進む。曲が終わると、初音ミクはシャットダウンされるようにスッと空間に消え、衣替えして即座に再登場すると、すぐに次の曲が始まる。途中、クリプトン・フューチャー・メディアがバーチャル・シンガーとして展開する初音ミク以外のキャラクター――巡音ルカ、鏡音リン、鏡音レン、KAITO、MEIKO――も登場してパフォーマンスを披露。キャラクターごとにテーマカラーが異なるので、観客は出てくるキャラクターに合わせてケミカルライトスティックの色をすぐに変え、統率の取れた動きで会場の雰囲気を盛り上げる。これは日本での公演と同じで、中国でも初音ミクのコンテンツを研究する熱心なファンが多いことがわかる。


 約2時間のステージがいったん終わると、まずは「ミク」コールで1回目のアンコール。ここでは、中国の音楽クリエイターが作詞・作曲し、初音ミクに歌わせてインターネットに投稿して有名になった「月西江」という中国語曲が披露され、会場の盛り上がりは最高潮に達した。そして、2回目のアンコールを求める会場からは、日本語で「もう一回」コールが響き続け、初音ミクがこれに応えてコンサートは幕を閉じた。

 

国境を越えた新しい創作文化

クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表取締役
クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之代表取締役

 クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤代表取締役は、「2012年に一度中国でコンサートを計画して頓挫し、3年越しでようやく実現した。チケットは発売から10分で売り切れて、会場も本当にすごい盛り上がりだった」と喜ぶとともに、「本当はもっと大きな会場でやりたかったが、安全性の問題などで今回は断念した」と、今回のイベントで見た以上の大きなニーズがあることを示唆する。また、「初音ミクを題材にした二次創作などは営利目的でなければ自由。初音ミクは、音楽やイラストの若いクリエイター同士の交流の媒介になった。これは、インターネットによってコンテンツ産業のあり方が変わったことの一つの象徴だ。この動きをさらに拡大させたい」とコメント。インターネットを介してオープンなエコシステムを構築したことで、国境を越えた新しい創作文化のかたちを示すことができた手応えを語った。


上海世紀華創文化形象管理の孫剣総経理
上海世紀華創文化形象管理の孫剣総経理

 イベントの主催者で、日本のコンテンツなどの版権ビジネスを展開する中国で最大級のエージェント、上海世紀華創文化形象管理の孫剣総経理も、「初音ミクの魅力は、音楽、キャラクターなどを複合したところにある。従来のコンテンツビジネスの枠にとどまらず、レディ・ガガなど世界的な著名アーティストともコラボレーションし、国境を越えて高い評価を得ている。今回のイベントについても、SNSで17万件の反応があった。こうした新しく力のある日本のコンテンツは、若者を中心に日中の文化交流を促進してくれるだろう」と、初音ミクをはじめとする日本のコンテンツ産業に、大きな期待を寄せている。


 (『週刊BCN』記者・本多和幸/ITジュニア育成交流協会・市川正夫)