知力と体力の限界に挑んだ2日間――第26回高専プロコン

 ひときわ感慨深げにステージを見守る人がいる。全国高等専門学校プログラミングコンテスト(高専プロコン)の立ち上げに尽力し、現在はNPO法人高専プロコン交流育成協会の顧問を務める堀内征治先生(長野高専名誉教授)だ。今年で26回目を数える高専プロコンが、長野県で開催されるのは初めて。主管校は、堀内先生が長く教鞭を執った長野高専だ。地元開催にさまざまな想いが交錯しただろう。それを知ってか知らずか、各部門では予選を勝ち抜いた高専生たちが知力と体力の限界に挑むハイレベルな戦いを繰り広げた。

大会初日終了後の懇親会で高専プロコンへの熱い想いを語る堀内征治先生
大会初日終了後の懇親会で高専プロコンへの熱い想いを語る堀内征治先生

ぎりぎりの攻防戦

 

 「昨年なら勝ち抜いているよ」「今年はレベルが高い」。戦いを終えて、ステージを降りてきた高専生たちの会話である。いわゆる入賞常連校以外の健闘が目立ったという第26回高専プロコンは、10月11・12日の2日間、長野県長野市のホクト文化ホールで開催された。今大会のキャッチコピーは、「発想(つの)だせ! 技術(やり)だせ! ずくだせ!」。「ずく」は長野地方の方言で、「やる気」とか「気合い」といった意味だ。


 高専プロコンは、例年「課題部門」「自由部門」「競技部門」という三つの審査部門を設けている。これを今年も踏襲し、課題部門のテーマは昨年に引き続き「防災・減災対策と復興支援」。自由部門はその名の通り自由なテーマ、独創的な作品で競う。競技部門は「石畳職人Z」という石畳(ブロック)とパズルに埋め込んでいく競技を行った。


 勝敗がわかりやすい競技部門は、大いに盛り上がるプロコンの花形だ。競技会場は、収容人数の最も大きい大ホール。司会者二人の派手な演出と、ステージ上のスクリーンに映し出される高専生の奮闘ぶりに、応援に自然と力が入ってしまう。


 競技は、さまざまな形をした石畳(ブロック)を画面上の空きスペースにきれいに埋めていくもの。画面上にはオレンジ色の障害物があり、そこには石畳を置くことができない。障害物を避け、いかに多くの石畳を、いかにすばやく置くかで勝敗が決まる。結果発表では、スクリーン上に石畳が置かれていく様子が映し出される。石畳を置いていくプログラムはチームによって特徴があり、スクリーンを見ているだけでも十分に楽しめる。

 

熱い戦いが繰り広げられた競技部門。左側スクリーンのオレンジ色の障害物を避けながら、次々に出てくるかたちの異なる白い石畳をいかにうまく、効率よく置いていくかを競った
熱い戦いが繰り広げられた競技部門。左側スクリーンのオレンジ色の障害物を避けながら、次々に出てくるかたちの異なる白い石畳をいかにうまく、効率よく置いていくかを競った
一つの課題が終了すると、各チームの石畳が組まれていく手順が発表される。順位発表はこの後なので、選手たちは手に汗を握りながら、観客は固唾をのみながらスクリーンを見守ることになる
一つの課題が終了すると、各チームの石畳が組まれていく手順が発表される。順位発表はこの後なので、選手たちは手に汗を握りながら、観客は固唾をのみながらスクリーンを見守ることになる

 競技部門は初日に予選、二日目に敗者復活戦と準決勝、決勝が行われた。決勝の直前にもメンバーは観客席でアルゴリズムを修正。競技終了後に「あそこで変えてよかった」という声が聞こえてくるほど、ギリギリまで頑張っていた。競技部門の優勝校は、八戸高専。最後の難題でもきれいにブロックを並べ、会場を大いに沸かせた。


競技部門で優勝し、文部科学大臣賞に輝いたのは、八戸高専の「プログラムが一晩でやってくれました」チーム。一回戦、準決勝をブロック一位で通過し、決勝でも安定した強さをみせた
競技部門で優勝し、文部科学大臣賞に輝いたのは、八戸高専の「プログラムが一晩でやってくれました」チーム。一回戦、準決勝をブロック一位で通過し、決勝でも安定した強さをみせた

高い完成度と実用性


 課題部門と自由部門は、初日がプログラムのコンセプトや社会的役割などをアピールするプレゼンテーション審査、二日目がデモンストレーション審査という構成。プレゼンでは、審査委員から実用性の視点から厳しい質問が出ていた。


 デモンストレーション審査では、展示会場に審査委員が出向き、実際の動きを確認。コンセプトだけでは終わらせないという審査委員の厳しい目と、完成度の高さをアピールする高専生とのせめぎ合いだ。二日目の展示会場は、見て回るのが困難になるほど盛り上がっていた。ちなみに、課題部門と自由部門でも、プレゼン後に徹夜の作業で完成度を上げるなど、高専生のパワーには感心した。


 課題部門の最優秀賞に輝いたのは、東京高専の「ホップ!ステップ!マップ!」。小学校の安全活動システムで、実際に使ってもらって調整するなどの取り組みや実用性、完成度の高さが評価された。


               課題部門の最優秀賞・文部科学大臣賞は、東京工業高専「ホップ!ステップ!まっぷ!――小学校での

               安全活動支援システム――」。地域の防災活動「自主防災マップ活動」と小学校の防犯教育「地域安全

               マップ活動」という小学校での安全教育活動をアンドロイドタブレット端末向けのシステムによって実

               現する

 自由部門の最優秀賞は、弓削商船高専の「Smart AIS」。小型船舶の安全運航をサポートするシステムで、こちらも実用性が高く評価された。



自由部門の最優秀賞・文部科学大臣賞は、弓削商船高専の「Smart AIS――海内の旗幟――」。船舶同士で情報を交換す

る専用機器「AIS」の搭載義務がない小型船舶でも、スマートフォンのGPS情報とAIS中継局から送られるAIS情報によっ

て安全に航海できるシステム。緊急事態への対応機能も搭載する

 閉会式で、高専プロコン交流育成協会理事長で審査委員長の神沼靖子氏は、審査の状況を説明した後、課題部門の作品について「使う人のことを考えてデザインをしてほしい」、自由部門の作品について「実用化についてもきちんと考えよう」と講評し、高専生と指導教員を労った。


 次回の第27回高専プロコンは、2016年10月9・10日の日程で、三重県での開催が予定されている。また、課題部門のテーマは、東京五輪を意識して、「スポーツで切り拓く明るい社会」と発表された。

 

(『週刊BCN』編集長・畔上文昭/ITジュニア育成交流協会・市川正夫)